魔法びん住宅

冬暖かく、夏涼しい。[全邸標準仕様]

強い家と高い施工技術が実現
最高レベルの高気密住宅

全邸標準の「魔法びん住宅」とは、断熱材の施工だけではなく、気密・防湿・防音に優れた「魔法びんシート」で家全体をすっぽり包み込んだ高気密住宅のこと。この高気密により、わずかな冷暖房によって発生した暖気、冷気を逃さずに、冬の暖かさ、夏の涼しさを実現します。

家そのものの性能として
電気代を軽減

例えば太陽光発電システムによって発電し売電を行っても、家の気密性が悪く冷暖房費がたくさんかかってしまう家では意味がありません。「魔法びん住宅」の最大の特徴は、設備ではなく、家そのものの性能によって冷暖房の使用量を軽減、電気代を抑える点にあります。またシートは、防湿性にも優れ、内部結露を防いで断熱際の性能を維持しながら、家の耐久性も高めます。

断熱材の施工が完了した状態魔法びんシートで包んだ状態(専用気密テープを使用)
全邸統一の気密基準数値
全邸気密C値0.49cm²/m²以下

C値とは気密性をあらわす数値で低ければ低いほど気密性が高く、高性能な家であることを意味します。グローバルハウスが掲げた独自の気密基準である「C値0.49cm²/m²以下」とは、大変厳しい基準値であり、高い施工技術がないと実現しない気密性。しかしC値0.5cm²/m²以上では、住む人の健康に関わる計画換気が機能しないことから、家の性能を総合的に判断して、この「C値0.49cm²/m²以下」を全邸で守っています。

調査会社による気密試験を全邸で実施

外部調査会社による気密試験を限定で実施して気密数値を細かく計測。複合的な強さに取り組んだ耐震住宅だからこそ実現する、目に見えない気密性の基準値「C値0.49cm²/m²以下」を必ず守っています。

魔法びん住宅に暮らしているお客様の声

お客様の声をもっと見る ≫

PCサイト

TOPへ戻る