写真:エントランス

Entrance

エントランス

家の中のたたずまいを無限に想像できるようなエントランスは、広々と贅沢な造りに。大きく屋根を取ることで、様々な物語がこの場所で生まれていきます。フラットな見た目のアプローチから玄関に近づくだけで、家に帰る楽しみを感じさせてくれるエントランスです。

写真:リビング

Living Room

リビング

光の心地よさ、目に見えるものの心地よさをデザインによって実現したリビングルーム。高い天井には、フランク・ロイド・ライトを象徴する幾何学模様を配し、建築物である住宅の存在感を、たっぷり感じさせてくれます。ゲストを迎えるのが楽しみになる空間。

写真:キッチン

Kitchen

キッチン

家の真ん中に位置するようにデザインされたキッチン。料理をしながら見えてくる家の中の風景や、会話の雰囲気にまで配慮した余裕ある空間を優先しています。リビングとのつながりには一定の距離感を、2階とのつながりにはプライベート感を実現しました。

写真:バスルーム

Bath Room

バスルーム

自然との調和をテーマにした家らしく、バスルームにも木々や風や光を感じるデザインを配しました。自分だけの贅沢な時間と、伸び伸びと疲れを癒すことができる時間は、生活の豊かさを心から実感できる瞬間でもあります。素材のディテールにもご注目を。

写真:書斎コーナー

Other

書斎コーナー

書斎としての部屋を設けるのではなく、空間のつながりの中に置いた、吹き抜けの書斎コーナー。窓際を確保することで、外の様子を感じながらの読書や仕事が可能です。テーブルの上に置く照明一つにもこだわりたくなる、新鮮で新しい居場所を提供してくれます。